保存治療

保存治療とは?

むし歯治療もマイクロスコープで

保存治療とは『歯を残す』事を目的とした治療の事です。

本来であれば抜歯となってしまうケースも安易に抜歯と判断せずに、最後まで歯を残す事を優先して治療をおこないます。当院では下記のような方法で歯を残す為の保存治療をおこなっております。

口腔内接着法、口腔外接着法

この治療方法は歯が割れてしまった場合におこなう治療です。歯が割れる状態を破折といいますが、歯ぎしり・食いしばりがある方や噛む力の強い方によくみられる症状です。また、神経を抜いてしまった歯は割れやすくなりますのでこういった方も破折をしてしまうことがあります。

破折をした歯は一般的には抜歯となり、インプラントや入れ歯、ブリッジといった人工歯で補うことになります。どの治療にもメリット・デメリットはありますがご自身の歯に勝るものはありません。

当院ではこのように破折してしまった歯を口腔内もしくは口腔外で接着することで抜歯を回避する治療をおこなっております。

他院で抜歯と判断された方も一度当院へご相談ください。
(※症状によっては抜歯となることもありますので予めご了承ください。)

口腔内接着法とは?

口腔内接着法とは割れてしまった歯をお口の中で接着する方法の事です。割れてしまった部分に直接スーパーボンドと呼ばれる歯科用の接着剤を流し込んで接着をする方法で、患者様にかかる負担が少ない治療方法です。ただし、この方法が採用できる場合は破折の程度が比較的軽度な場合に採用できる方法です。大きく破折してしまっている場合には適用できない為、下記の口腔外接着法をおこないます。

口腔外接着法とは?

口腔外接着法とは割れてしまった歯を一度抜歯して、お口の外で接着修復をおこなったのちに再度、元の位置に戻す治療の事です。この治療方法は抜歯をしてから処置を行う為、炎症を起こしていた部分の膿をしっかりと除去してきれいに洗浄することが出来ます。そのため、歯を元の位置に戻してからの状態が安定しやすい治療方法です。

このように接着法を採用することで大切な歯を残せる可能性があります。全ての症状に適用できるというわけではありませんが、最後まであきらめないためにまずは当院までお気軽にご相談ください。

一番上に戻る
TEL:042-707-7997TEL:042-707-7997 24時間WEB予約24時間WEB予約