小児歯科

子供のうちから虫歯予防

子供のうちから虫歯予防

  • 「小さい虫歯なら歯科医院に行かなくても大丈夫かな」
  • 「乳歯は虫歯になったとしてもいずれ抜けるから」

このように思う方もいらっしゃると思いますが、乳歯の虫歯は放置すると歯並びに影響してしまうことがあります。

また、大人の歯と比べて子供の歯は柔らかく虫歯になりやすいため、注意しなければいけません。
当院では虫歯のチェックの他にも、むし歯の治療や予防、歯並びや顎の成長チェックも行っています。

当院の小児歯科の特徴

妊婦さんの虫歯・歯周病予防

マイナス1歳からの虫歯予防

妊婦さんが歯周病にかかっていると、早産や流産、低体重児のリスクの可能性があります。

これから生まれてくる赤ちゃんのためにも、妊娠中の虫歯・歯周病予防をしっかり行いましょう。

当院ではマイナス1歳からの虫歯・歯周病予防として妊婦さんの治療も対応しております。

お子様が来院しやすい環境を

キッズスペース完備

キッズスペース完備待ち時間もお子様が退屈せず楽しく過ごすことができるよう、たくさんのおもちゃや絵本を用意したキッズスペースを設けています。

ベビーカーのままでOK

ベビーカーのままでOK当院はフラットな院内設計となっており段差がありませんので、玄関から診療室までベビーカーのままお入りいただくことができます。

お子様の予防メニュー

フッ化物歯面塗布

フッ素塗布

歯にフッ素を塗布することで、虫歯菌の活動を抑え、歯質を強化することができます。

フッ素塗布を定期的に行うことで虫歯への抵抗力を高めて、虫歯にならない丈夫な歯にしていきましょう。

また、再石灰化を促進する効果のあるフッ素を塗布することで、溶けてしまった部分が修復される可能性もあります。

シーラント

シーラント

溝が深く複雑な形をしている乳歯の奥歯は磨き残しが起こりやすく、虫歯になりやすい歯です。

このような奥歯の溝を歯科用プラスチックで埋めるのがシーラントという治療です。汚れが溜まらないようにして虫歯を予防します。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

毎日の正しい歯磨きが予防の基本です。 正しい歯の磨き方を子供のうちから習得しておくことで、大人になってからも虫歯・歯周病のない健康な歯を維持することができます。

歯科衛生士が効果的な歯の磨き方を丁寧に、楽しく指導していきます。

お子様の歯並びについて

  • 「子供の歯並びが気になるけど、矯正が必要なのかどうかわからない」
  • 「矯正治療はいつから始めたらいいの?」

お子様の歯並びについて

お子様の矯正治療開始のタイミングとしては、6〜10歳頃の永久歯に生え変わる時期が適切です。永久歯が全て生え揃ってしまうと、歯を抜かなければならない可能性が高まります。

矯正治療をする必要があるのか、矯正が必要な場合はどのような方法で治療するのか、いつから矯正治療を始めればいいのかなどについて、豊富な知識を有する院長がお子様のお口と歯の状態を見た上で、アドバイスさせていただきます。

お子様の歯並びで気になる部分があるという親御さんはぜひご相談ください。

小児矯正のメリット

小児矯正のメリット

1.顎の成長・発育を利用した矯正治療を行える

小児矯正では、子供の顎の成長・発育を促すことによって顎の骨から改善することができます。
顎の成長が止まっている大人の場合、上下の顎の関係の改善のために抜歯などが必要となることがあります。

2.永久歯が生えてくる場所をコントロールできる

歯が生えてくるスペースが不足すると、歯並びが悪くなる原因になります。

程度によっても異なりますが、当院では子供のうちから歯の生えてくる場所をコントロールし、抜歯を伴う矯正となるリスクを下げています。

3.お口の機能の改善

舌癖や指しゃぶりなどのお子様の癖は、歯並びの他にも食べ方や飲み方、発音にも影響します。
早いうちからこのような癖を治すトレーニングを行うことで、筋肉の正しい動かし方を身につけることができます。

4.治療期間の短縮

永久歯が正しい場所に生えてくるよう、顎の成長を利用しながら導くことで永久歯が生え揃ってからの本格矯正を容易に行うことができるようになり、治療期間の短縮も期待できます。

中には本格的な矯正を行わなくてもよくなることもあります。

小児矯正の治療方法

床矯正

主に成長期のお子様に使う装置です。
歯をきれいに並べるために、中央に埋め込まれたネジで少しずつ顎を広げていきます。

永久歯が生え揃うまでに顎を拡大しておくことで、将来的に矯正治療を行う際、歯を抜かずに治療できる可能性が高くなります。

ムーシールド

ムーシールド

主に受け口(反対咬合)と呼ばれる、下の歯が上の歯よりも前に突き出ている症状の治療のために使用される装置がムーシールドです。

寝る時に使用する、取り外し可能な装置です。お口周りの筋肉の機能異常や舌が原因となっている場合、ムーシールドを使うことで症状が改善することもあります。

注意したいお子様の習慣

1.お口がいつもポカンと開いてしまっている

お口がいつもポカンと開いてしまっている

正しい歯並びになるために必要なのが、お口の正しい運動機能と姿勢です。リップシールを使ってお口を閉じた状態でいられるようにしましょう。

これによって周囲の筋肉が強化されるため、顎の正しい発育が促され、歯列の安定につながります。また、鼻呼吸になると唾液でお口の中が潤いますので、細菌の増殖を抑えることができます。

2.頬杖をつくなどの顎に負担をかける癖がある

頬杖をつくなどの顎に負担をかける癖がある

頭の重さで顎に大きな負担をかけてしまう「下顎を押し付けながら本を読む」「頬杖をついてテレビを見る」などの癖は顎が変形してしまう原因になります。

また、唇を舐めたり指を噛んだりする癖は、出っ歯を誘発してしまいます。このような悪い習慣は子供のうちだけの問題ではありません。
なるべく早く直してあげるためにも、様子をしっかりと観察することが大切です。

3.柔らかいものばかり食べている

柔らかいものばかり食べている

柔らかい食べ物ばかりの食事では、噛む回数が減り、顎を十分に鍛えることができません。
そのため、発達が不足してしまう可能性があります。

十分に顎が発達しないと、永久歯が生え揃うためのスペースが足りなくなってしまいます。
また、永久歯が狭いスペースに乱れて生え、歯並びが悪くなってしまう場合があります。

可能な限り歯ごたえの良い食材を選ぶようにして、食事中の噛む回数を増加させましょう。

一番上に戻る
TEL:042-707-7997TEL:042-707-7997 24時間WEB予約24時間WEB予約