予防歯科

予防歯科とは?

予防歯科とは?

あすとら歯科クリニック相模原では、虫歯や歯周病にならないための予防治療に力を入れています。
治療後もお口の中の健康を維持し続け、再治療が必要な状態にしないための予防治療をおこなっています。

「歯科医院は歯が痛くなってから行くところ」と考えている方がまだまだ多いように感じます。 しかし、最近では「歯科医院は虫歯や歯周病にならないためにいくところ」と、歯科医療についての考え方は変化してきています。

お口の健康を守り続けるためには、虫歯や歯周病になってしまってからではなく、「なる前に歯科医院に通って予防する」ということが大切です。 一度削った歯はもう二度と元に戻ることはなく、歯の寿命も短くなってしまいます。

詰め物・被せ物で治療を行ったとしても、それを永久的に使い続けることはできないのです。 自分の大切な歯の寿命を延ばせば、何歳になっても自分の歯でよく噛んで食事を美味しく味わうことができます。
歯科医院に通い、虫歯や歯周病にかかってしまう前に予防して歯を守るという習慣をつけましょう。

当院の予防処置

PMTC

PMTC

専門器具を使って歯科医師や歯科衛生士が行うクリーニングのことでPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)と言います。

毎日の歯磨きではなかなか落とせない歯垢やバイオフィルムなど、虫歯・歯周病を引き起こす原因を除去します。

痛みもなく、お口の中がスッキリ爽快になるというメリットもあります。

スケーリング

スケーリング

歯垢は硬くなると歯石になりますが、歯石は歯磨きでは除去できません。

スケーラーという専用器具を使い、たくさんの歯周病の原因菌が潜む歯石の除去を行うのがスケーリングです。スケーラーは手動で行うスケーラー、超音波スケーラーなど、歯石の付着具合によって使い分けてきれいにしていきます。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

歯科衛生士が患者様一人ひとりに合うブラッシング方法のアドバイスを行います。

予防の基本とも言えるのが、磨き残しの少ない正しいブラッシングです。また、歯ブラシ、デンタルフロス、歯間ブラシの選び方についてもアドバイスしています。

定期検診

定期検診健康な歯を維持し続けるためには、歯科医院で定期検診を受けることが大事です。 歯を失ってしまった場合、費用がかかる入れ歯やインプラント治療を行わなければいけません。

毎日の正しいブラッシングと歯科医院での定期検診を行い、長くお口の健康を守っていくことができるよう、虫歯や歯周病を予防しましょう。

定期検診の目安

当院では、患者様が健康なお口を維持していくことができるよう、定期検診をお勧めしています。定期検診の頻度については、患者様のお口の中の状況を見た上で歯科医師と相談して決めていきます。

いつまでも自分の歯が健康でいるために

いつまでも自分の歯が健康でいるために

「年をとれば歯を失うのは当たり前」そんな風に思っていませんか?

歯を失うことは、誰しも避けられない老化現象という訳ではありません。虫歯や歯周病などのお口の病気が原因となって、歯を失ってしまうのです。

逆に言えば、病気を予防することができれば何歳になっても歯を失わずに済むということです。 予防先進国として知られるスウェーデンでは、80歳になっても若い時とあまり変わらない歯の数を維持しているという人が多くいます。

スウェーデンでは「予防歯科」の考え方を国の歯科医療の方針として採用しており、小さなうちから当たり前に歯科検診に通い、歯の健康を守ることが生活の習慣として定着していることが大きく関係しています。

予防歯科に取り組んでいる人の割合
スウェーデン 91%
日本 2%
80歳の残存指数
スウェーデン 25本
日本 8本

※親知らずを除くと人間の歯は28本

ご自宅でできるセルフケア

歯磨き指導

歯磨き

自分では毎日しっかりと歯を磨いているつもりでも、磨き癖などによって上手く磨けておらず、磨き残しができてしまうということも多いです。

セルフケアの指導として歯科衛生士による歯磨き指導を受けて正しい歯磨きを身につけましょう。

また、自分に合った歯ブラシを使うことも大切です。

ポイント

歯ブラシの毛先が開いて摩耗してしまっていると、きちんとブラシ部分が歯に当たらず、汚れを取り除きにくくなります。1ヶ月に1本を目安に歯ブラシを交換するようにしましょう。

フッ素配合の歯磨き粉

フッ素配合の歯磨き粉

歯質の強化や虫歯の発生・進行を防ぐ効果のあるフッ素が配合された歯磨き粉を使い、より効果的な毎日のセルフケアを行いましょう。

デンタルフロス・歯間ブラシ

デンタルフロス・歯間ブラシ

歯磨きをした後にはデンタルフロスや歯間ブラシを使って、歯ブラシでは届かない部分まできれいにしましょう。

デンタルリンス・ジェル

細菌は寝ている間に繁殖しやすくなります。

研磨剤の入っていないフッ素ジェルを歯磨きの仕上げとして使用したり、お口の中を殺菌するデンタルリンスを活用したりしましょう。

一番上に戻る
TEL:042-707-7997TEL:042-707-7997 24時間WEB予約24時間WEB予約