根管治療

根管治療とは

根管治療とは細菌に汚染された血管や神経を除去する治療を根管治療といいます。
根管治療は極めて重要かつ難易度の高い治療です。

もしも、細菌を根管内に残したまま被せ物治療が完了してしまうと、再度細菌が増殖して炎症を起こします。
その結果、再治療が必要になります。

完全に除去するためには高度な技術が求められます。
歯の寿命は根管治療の精度によって左右される、と言っても過言ではないほど極めて重要な治療です。

根管治療はなぜ難しいのか

根管は直径1mm以下と細いだけでなく、非常に複雑な形をしています。
湾曲したり硬くなったりなど、患者様一人ひとりによってその形状は異なっています。

そのため、根管治療は難しく、高い精度と技術力が必要となるのです。

当院の根管治療

マイクロスコープを使用した高精度の治療

マイクロスコープを使用した高精度の治療当院ではマイクロスコープを全ての治療で使用しています。
根管の形状を拡大することで、神経の取り残しや見逃しリスクを抑えています。

丁寧でわかりやすい説明

丁寧でわかりやすい説明患者様の状態によって、根管治療は何度も通院が必要になる場合があります。
だからこそ患者様としっかりコミュニケーションを取ることが大切です。

「何のための治療なのかわからない」
「今どんな状態になっているの?」

などの不満や疑問があってはいけないと考えています。

そのため当院では、実際に目で見てご理解いただけるよう、マイクロスコープで見ている歯の状態を写真撮影します。
分かりやすく説明するために役立てています。

再感染・再治療になることを防ぐ「ラバーダム防湿法」

ラバーダム防湿

根管治療成功のために欠かすことができないのがラバーダム防湿法です。

薄いゴム製のシートで治療する歯以外を覆い、細菌や唾液による感染が起こらないようにする方法を「ラバーダム防湿法」と言います。

根管に様々な口腔内細菌が入り込んでしまうのをラバーダムによって防げるため、無菌的な治療が可能となります。
裏を返せば、根管治療を行う際にラバーダム防湿法を行わないと細菌感染を起こしてしまう可能性が高まります。
つまり、再治療の原因にもなってしまうのです。

欧米では根管治療におけるラバーダム防湿法は必須の処置です。
当院ではしっかりとラバーダム防湿法を行った上で根管治療をいたしますのでご安心ください。

根管治療の流れ

根管治療の流れ

歯の内部には歯髄という軟らかな組織が存在しています。
歯髄は、歯の根の先の小さな穴で顎の骨の中にある血管や神経とつながっています。

根管治療とは、虫歯や外傷によって歯髄が細菌感染を起こしてしまった際に、

  • 歯髄の除去

もしくは

  • 感染した歯髄を取り除いて根管内をきれいに掃除

する治療のことです。

根管治療は大きく2種類に分けることができます。

歯髄炎の場合
(歯の神経まで虫歯が進行し感染を起こした状態)

  1. 歯の神経まで虫歯が進行し、神経感染を起こしています。
  2. 歯の神経と感染物を完全に除去し、根管の消毒と洗浄を行います。
  3. 消毒と洗浄が完了したら薬を使って完全に封鎖します。
  4. 土台を立てたら被せ物を装着して治療完了です。

根尖性歯周炎の場合
(膿が歯の根の先端に溜まった状態)

  1. 膿が歯の根の先端に溜まっています。
  2. 被せ物や補強のための土台を外します。
  3. 古い薬や感染物をリーマー等を使って除去し洗浄を行います。
  4. 根管内がきれいになったら薬を使って封鎖します。
  5. 土台を立てたら被せ物を装着して治療完了です。

根管治療の重要性

歯は生涯の友人、根は生涯の支え

歯は生涯の友人、根は生涯の支え

例えば家を建てるとき、土台となる基礎工事がしっかりしていること、これが一番大切なことです。

経年によって建物の老朽化が起こったとしても、しっかりした土台があれば建物の修理は簡単に行うことができます。
しかし、建物の基礎工事から全てやり直すとなれば大掛かりな工事になってしまいます。

家の例えと同じように、十分な根管治療がされてないと、せっかく治療した被せ物を外して再度治療(※1)をしなければなりません。
最悪のケースでは抜歯しなければならない(※2)可能性もあります。

根管治療とはこのように、歯を長持ちさせるために重要な基礎工事です。
歯の寿命を左右するとも言える、とても大切な治療です。

※1.根管治療の割合
抜髄 31%
抜髄後の再治療 52%
間・直接覆髄 17%

※神経を初めて取った歯が再治療となる割合(日本の健康保険の内容で治療された場合)

※2.抜歯の原因(全年齢)
虫歯 32.4%
歯周病 41.8%
破損 11.4%
矯正
その他
無効・無回答

※根管治療が失敗したことが原因となって抜歯となる割合

一番上に戻る
TEL:042-707-7997TEL:042-707-7997 24時間WEB予約24時間WEB予約