歯周病治療

歯周病の症状

  • 歯磨きした時に歯茎から出血する
  • 口の中がネバネバする
  • 歯が前よりも長くなった気がする
  • 口臭が気になっている
  • 歯と歯の間に食べ物がよく挟まる
  • 硬いものが噛みにくい、噛んだ時に痛む
  • 歯が浮いている感じがする、歯がぐらぐらする
  • 歯ぐきが腫れて赤くなり、膿が出る

当院の歯周病治療の特徴

マイクロスコープの使用

マイクロスコープの使用歯ぐきの中に隠れている歯石なども、マイクロスコープを使うことではっきり見ることができます。
取り残しがないようきれいに除去することが可能です。

拡大鏡を使った歯周病治療

拡大鏡を使った歯周病治療当院では歯周病治療において拡大鏡(歯科用ルーペ)を用いて治療を行っています。
肉眼を超えた拡大視野で治療を行うことで、細部にまで目が届き、繊細な歯や歯ぐきを必要以上に傷つけない治療ができます。
見えにくい歯ぐきも拡大鏡を使用することで、歯石などの汚れがはっきり見えるためより精密な歯周病の治療が可能となります。

重度の歯周病も治療可能

重度の歯周病

当院では重度の歯周病の方の治療も行っています。

「もうこの歯は抜歯するしかない」
「治療のしようがない」

など、治療を断られてしまったという患者様もぜひ当院までご相談ください。 重度の歯周病まで進行してしまった原因や治療方法を考えて、一緒に治療を進めていきましょう。

定期検診で歯周病予防を

定期検診で歯周病予防

歯周病は、歯周病菌が原因で、歯を支えている周囲の骨の吸収が引き起こされてしまうという恐ろしい病気です。

当院では、歯石除去やプラークコントロールを中心として歯周ポケットが浅い初期段階の治療から、歯周組織再生治療などの重度の歯周病である歯周外科領域にも対応しています。

歯周病になると、歯垢・歯石の細菌によって歯茎の腫れや歯のぐらつきが起きたり、虫歯や知覚過敏になったりするリスクが高まります。また、歯茎の奥に細菌が入り込み症状が悪化すると歯槽骨が吸収され、最終的には周囲の骨が歯を支えられなくなり、歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病菌と身体の抵抗力のバランスが崩れた時に歯周病は進行します。歯周病にかかっている人は現在、30歳以上の成人のおよそ8割にもなると言われています。歯周病は適切な治療を行うことで進行させないようにすることができるため、早期発見のためにも定期的な検診を行うことが大切です。

歯周組織再生治療(GTR)について

失った骨と歯根膜を再生させるための治療

失った骨と歯根膜を再生させるための治療

歯周病によって破壊されてしまった歯茎・歯根膜・歯槽骨という歯周組織の再生を促す治療のことを歯周組織再生治療(GTR)と言います。

歯周病によって歯の周囲の骨を失うことは、骨と同時に歯の根の周りの歯根膜も失われてしまうということです。歯の周囲の骨が一度失われてしまうと取り戻すのは非常に困難です。

歯の周囲の骨を戻すためには歯根膜を再生させる必要があるため、歯根膜再生手術を行います。当院では「歯周組織再生治療(GTR)」や「歯槽骨再生治療(GBR)」など、高い専門性が要求される歯周外科領域の治療にも対応しております。

既に他の歯科医院で治療を受けている患者様のセカンドオピニオンについても対応しておりますので、何かご不安なこと、気になることなどありましたら当院までお気軽にご相談ください。

歯周外科について

フラップ手術とは

フラップ手術とは

歯周基本治療を行っても深い歯周ポケットが残り、炎症が消えない、治りきらなかったという場合の治療が歯周外科手術であるフラップ手術(歯肉剥離掻把術)です。

フラップ手術は切除的外科療法であり、歯茎を部分的に切開して開き、深い歯周ポケットを形成している病巣がしっかり見えるようにして、深い部分の感染を起こした組織や歯石を除去します。

部分的に歯茎を切開することで実際に感染が起きている病巣を見ることができるため、歯周基本治療では取り切ることができなかった歯石までもしっかりと除去することができます。

また、炎症によって壊されてしまった歯槽骨の形を整えることもできるため歯周組織の状況を改善し健康な状態へ導けます。 これらの処置を行った後、部分的に切開した歯茎を縫合します。

歯肉切除術

歯肉切除術

深い歯周ポケットの改善のために行うのが歯肉切除術です。

歯肉切除術を行うことによってプラークコントロールをしやすくし、歯周組織の炎症の改善を促します。 歯肉切除術を行うと歯茎の位置が下がるため、歯が長くなったように見えます。

また、歯根が露出することによって歯がしみる知覚過敏の症状が出やすくなるため、最近ではあまり用いられず、現在の歯周病の手術としては歯周組織再生療法(エムドゲイン法、GTR法)やフラップ手術を行うことが多いです。ただし、症例によっては歯肉切除術を選択することもあります。

一番上に戻る
TEL:042-707-7997TEL:042-707-7997 24時間WEB予約24時間WEB予約