むし歯治療

むし歯治療もマイクロスコープで

むし歯治療もマイクロスコープで長期的なお口の健康維持の実現には、なるべく歯を削らない治療・抜かない治療が大切です。

肉眼やルーペのみの場合、患部を細かな部分まで鮮明に確認することができません。
病巣部分を削り残してしまったり、余分に歯を削ってしまったりする、という可能性が生じることになります。

マイクロスコープを使うと、肉眼と比べて約20倍拡大して見る事が可能です。
むし歯の病巣部分のみ、削る量を最小限にすることができます。

また、マイクロスコープを詰め物(インレー)の治療に使用することで、肉眼では見ることができない歯と詰め物との隙間にも気付けるようになります。

さらに、肉眼では見えない小さな虫歯も発見することができるため、早期発見と早期治療につながります。

なるべく削らない、抜かない治療を

あすとら歯科クリニック相模原では、患者様の負担を抑えるために、可能な限り削らない・抜かない虫歯治療を心掛けております。

一度抜いた歯や削った歯は、二度と再生することはありません。
将来的に長くご自身の歯で生活をお送りいただけるよう、このような取り組みをしております。

患者様一人ひとりに合った最適な治療をご提案し、1本でも多く、健康な歯を残せるよう努力しております。

むし歯の進行度別の治療

虫歯の進行

C1(軽度)

歯の表面のエナメル質に穴があいてしまった状態です。
C1の状態ではまだ歯が痛んだり、しみたりという症状はありません。

治療法

削る必要のない小さな虫歯の場合、進行を防ぐための処置を行っています。

しかし、C1でも症状によっては歯を削る必要があります。
削った後はコンポジットレジン(合成樹脂)や金属などの詰め物で修復を行います。
なるべく歯に負担をかけないよう注意しながら治療を行います。

C2(中度)

虫歯が象牙質という歯の内部まで溶かしてしまった状態です。
虫歯が歯の内部に広がっており、痛んだり冷たいものがしみたりするなどの症状が出てきます。

治療法

範囲の広い虫歯の場合は、歯を削ってコンポジットレジンや金属の被せ物で治療します。
治療には拡大鏡を使用し、削る量を最小限に抑えつつ、虫歯の取り残しがないようにしています。

C3(重度)

この段階まで虫歯が悪化すると、激しい痛みが生じます。
表に穴が空いていなくても内部で虫歯が広がっていることがあり、神経まで虫歯が達している可能性もあります。

神経が死んでしまった場合、痛みを感じなくなることもあります。

治療法

虫歯が神経の近くまで達しているという場合でも、殺菌効果を持ったセメントによって神経を残せるように治療します。

神経まで虫歯が到達している場合には、歯の神経を抜かなければなりません。
マイクロスコープやニッケルチタン製ファイルなど、最適な機器や材料を使って削る量を必要最低限に抑えて治療します。

C4(歯冠部が崩壊しているむし歯)

C4は歯冠部のほとんどがむし歯菌によって溶かされてしまっている状態です。
神経が死んでしまっているため痛みはありません。

また、歯の根の先に膿が溜まってしまうことがあります。

治療法

抜歯を回避するために、必要に応じてマイクロスコープを活用して治療を進めます。

※歯を支えている骨に悪影響が出る可能性がある場合など、抜歯が必要なケースもあります。

むし歯とは

お口の中の細菌がむし歯の根本的な原因です

お口の中の細菌が虫歯の根本的な原因です

むし歯の原因はお口の細菌ですが、「すべての細菌」が原因となっているわけではありません。
数多くの細菌がいるお口の中には、良い働きをする細菌も存在します。

ミュータンス菌・ラクトバチラス菌などがむし歯を引き起こす原因となる細菌です。
お口の中にこのような細菌が多くいればいるほど、むし歯のリスクは高くなります。

むし歯になるリスクを高める原因

虫歯になるリスクを高める原因

原因となる細菌の他にも、糖質や歯質も虫歯の発生に大きく関わっています。
「細菌」「糖質」「歯質」この3つの原因が重なった時、むし歯になりやすくなります。

歯質

むし歯の発生には歯の質も影響しています。
再石灰化を促進し、酸の抵抗力を高めることで脱灰(むし歯)を予防することができます。

細菌

「細菌が出す酸」によって歯が溶けるとむし歯になります。
むし歯になるリスクは、お口の中に原因となる細菌の数が多ければ多いほど高まります。

糖質

細菌は糖質を食べることで活発になります。
頻繁に糖質、特に砂糖を摂取するという人はむし歯になるリスクが高まります。

むし歯を放置する危険

悪化している状態で治療せず放置すると、そこから歯の根の先に細菌や膿が溜まり炎症になります。
細菌は全身に悪影響を及ぼす場合もあるため、早めに治療を行うことが重要です。

当院のむし歯治療

マイクロスコープを使った治療

マイクロスコープ健康な歯を可能な限り削らず、虫歯の取り残しを防ぐためにマイクロスコープを使用しています。

また、細菌が歯と詰め物・被せ物の隙間に入り込むと、むし歯が再発するため正確な型取りを行います。

治療を行う前にはクリーニングを徹底

治療を行う前にはクリーニングを徹底

治療の前に汚れや歯石除去を行い、お口の中を清潔にするクリーニングを行っています。

せっかく虫歯治療を行っても、歯周病を放っておくと歯がいずれ抜けてしまいます。
そうならないためにも、まずはお口の中の状態を清潔にすることが重要です。

一番上に戻る
TEL:042-707-7997TEL:042-707-7997 24時間WEB予約24時間WEB予約